格安演奏会ドレスのドレスルームアミ
商品検索 ショッピングカート
電話番号:03-3352-6557
新宿駅より徒歩1分 年中無休 11:00~19:00
ドレスルームアミニュース

アラサー女子必見!30代のカラードレスの選び方のポイント

公開日:2018年4月23日更新日:2019年3月21日



10代や20代と違い、30代の方がカラードレスを選ぶ際には注意しておきたいポイントもありますよね!年齢を重ねた30代だからこそ、落ち着きや品の良さなどをしっかりと演出できるドレスを選びたいものです。今回は、そんな30代の方がカラードレスを選ぶうえでのアドバイスをご紹介したいと思います。

30代のお客様に聞いた理想のドレスアンケート

20代の時には思いっきり着こなせてたドレスも、
30代を境に着るのに抵抗が出てくるデザインも増えてきます。
そこでドレスルームアミでは、店舗にご来店いただいた30代のお客様50名に抜き打ちで質問を行い、
「ドレスを着る上でどんなデザインが理想か?」のアンケートを取りました。


ドレスで足が見えるスカートの長さはどのくらいが理想?

まずはショート丈のドレスを着るならどんな丈の長さが理想かのアンケート結果をご紹介致します!




結果はこの通り、第一位はくるぶしが見えるくらいの長さで27名の方に投票頂きました。
その次に多かったのが膝が隠れるくらいのミディアム丈で、
膝より短めのミニ丈ドレスを着用したいと思う人は7名と思っていたよりも少なめでした。
30代になるとキャピキャピしたドレスアップよりも、
露出をカバーした上品な着こなしを選ばれる方が多いようです。
そしてアンケートにお答えいただいた方のの中には、
「もう足が見える洋服も着たくないからショートドレスは着ない!」というお客様もいらっしゃいました。
実際にドレスルームアミでもパーティードレスとして、
ロングドレスを買われるお客様もいらっしゃいますので、
足を見せたくない方はぜひロングドレスをパーティーで着こなしてみてはいかがでしょうか!


「どんな色のドレスが着たいですか?」アンケート

次の30代のお客様へのアンケートとして行なったのが、
ドレスを着るならどんな色を着てみたいかのご質問です。

ちなみにこの色は原色に限らず、パステル系やダーク系も含めています。




第1位は青となりました。その中でも「ネイビーのドレスが大人っぽくて着こなしやすそう」という意見が多くありました。
また他に、「本当は黒を着たいけど、暗くなりすぎるからパーティーとかで使いにくいからネイビー」
という黒に近い色合いで選ばれたというご意見もありました。
その次に多かったのが同票で、黒と紫と緑が9票入りました。
紫色を選んだ方からは「女の子っぽさよりお姉さんらしさが出せるから」
という理由から選ばれる方がいらっしゃいました。
この色合いのアンケートを通して共通していたご意見なのですが、
30代のお客様はお姫様感を出さずに大人っぽいドレスを選びたい
という考えでドレスを探されているケースが多いようです。
確かに20代の時には出せなかった大人の魅力を表現する為には、
落ち着いた色合いの方が効果的だと言えるかも知れません!


「ドレスを決める際にどこに注目していますか?」アンケート

最後のご質問はドレスを選ぶ際に、何を一番重要視して選んでいるかのアンケートです。

  • 値段
  • 見た目
  • 品質


この中から三択で質問させて頂きました。





一番多かったのは「何よりも見た目で選ぶ」というご意見でした。
そのほかにも「もし気に入ったドレスだったら予算オーバーしてでも買っちゃうかも」
「30代だからこそ見た目がいいものを着なくてはみっともない」
というご意見を寄せて頂きました。。

次に多かったのは値段で選ぶというお客様でした。
理由として「安いドレスを何種類も着てみたい」というご意見や、
「自分自身が結婚してから友人の結婚式で着るパーティードレスに気合を入れなくなったから」
という意見もありました。

一番少なかったのはドレスの品質で選ぶというお客様でした。
理由は「家に普段着ないドレスを沢山置くのは邪魔になるから、しっかりしたドレスを長く使いたい」 という、とても堅実的な選び方でした。

30代だからこそ、明るい色を選びたい!




明るめのカラーのドレスというのは、若い子が着るもの…というイメージをお持ちの方も多いでしょう。確かに、若い年代の方ははっきりとした元気な色合いのカラードレスがとてもよく似合いますので選ぶ方も多いです。逆に、30代になってくると、落ち着いていて無難な色である黒を選びがちです。

黒のドレスであれば小物などもコーディネートしやすく、どんな体系の方であっても着こなしやすいため非常に選びやすい色であるのは事実です。とはいえ、パーティーや演奏会など華やかな場に着用するドレスなのであれば、30代だからこそ黒ではなく鮮やかな色合いのカラードレスを着るのがおすすめになります。黒のドレスを着用すると、肌の色も暗く見えがちです。30代になると、10代や20代の頃と比べて、どうしても肌の色がくすみやすくなりますので、そのうえさらに黒のドレスを着てしまうと、全体的にどんよりと沈んだ雰囲気になってしまいます。ですから、30代であっても、明るめのカラードレスを選ぶというのが、華やかな場に着用するドレスとしてはおすすめなのです!

30代におすすめのカラーをおさえよう!




前述のとおり、30代であっても黒ではない華やかなカラーのドレスを着るのがおすすめではありますが、30代の方が選ぶべき色と避けた方がよい色というのがあります。例えば、幼いイメージの強いパステル系のピンクなどは避けた方が無難です。また、イエローやオレンジなどもトーンによっては若作りしている印象を与えてしまいますので、そのようなカラーのドレスを着用したいのであれば、例えば同じイエローであってもトーンが控えめのものを選んであげた方がよいです。着こなしやすいのはネイビーやボルドーなどのカラードレスになります。このような、暗めのカラーのドレスであっても光沢が入っているものですと、十分華やかに着こなせますので30代の方には非常におすすめなのです。逆にこのような大人の魅力をアピールできる色合いのドレスは、10代の子では着こなせませんので、30代の女性こそ選んでみるとよいでしょう。

客観的な意見を取り入れて自分にあったカラードレスを選ぶ




ドレスルームアミでは今までに多くのお客様に対してカラードレスの販売を行ってきました。そういった方々の多くが実際にカラードレスを身にまとった姿を携帯の写真に撮って、ご友人やご家族に送ってどのドレスが自分に似合っているか聞いてみている方がいらっしゃいます。もちろんドレスルームアミではスタッフが試着されるドレスに対して似合うかどうかのアドバイスを行うことも可能ですが、ご自身のキャラクターを理解している身近な方々から意見を聞くとも大事です。ドレスの場合、普段着とは違いますので、よりそういった客観的な意見が重要になってきます。30代で初めてドレスを購入する際に、なかなか自分でどのカラードレスにすれば良いか決められない方は、是非このように第三者の意見を聞き入れながらドレスを選んでみましょう!


露出をおさえたドレスアップ




若い子は露出の多いハツラツと元気な印象を持たせるドレスを多く着ますが、30代になると色合いだけでなく露出もおさえて少し落ち着きたいという方も少なくないでしょう。
また、そうでなくても子どもっぽくない落ち着いた雰囲気のドレスをお求めになる30代の方は多いはずです。
そういった方にオススメなのが、袖つきドレスとワンショルダードレスです。
袖つきドレスであれば露出をおさえつつ落ち着いた印象を持たせることができますし、ワンショルダードレスであれば加えてシックで大人な雰囲気を演出することもできます。

30代女性にオススメなミモレ丈のドレス




「ショートドレスを着たいけど年齢的に膝を出したドレスアップには抵抗がある・・・」
という方は少なくありません。

30代の女性だけでなく、20代の女性でも膝が出てしまうタイプのショートドレスを着ることをためらう方はいらっしゃいます。
そんな女性の方々に最適なのが、ミモレ丈のミディアムショートドレスです。

ミモレ丈のドレスとは

ショートドレスでありながら、スカートの丈が7分ほどになっていて、
くるぶしが見えるけど、膝は隠れるタイプの長さのドレスをミモレ丈のドレスと呼びます。

最近では、結婚式のお呼ばれドレスでも着用する人が多いドレスです。

ロングドレスを着るとおばさんっぽく見えるのも嫌だし、
膝が見えるショートを着るのは若作りしているように見られるという心配をされている方に打ってつけのデザインです。


ドレスルームアミで30代女性のお客様から人気があるのが、
コチラのミモレ丈のショートドレスです。

結婚式のお呼ばれドレスやちょっとしたイベントで使うパーティードレスにも馴染むデザインです。


キラキラグリッターのミディ丈の大人なドレス


「お姉さん系」ドレスアップに挑戦




前途の通り、若い子にしか似合わない色合いやドレスがありますが、30代だからこそ似合うドレスというものもあります。
30代の落ち着きや大人っぽさを演出するために、カッコイイ系のドレスに挑戦してみませんか?
カッコイイ系のドレスというのは、前途したような露出をおさえたものや、スレンダーなシルエットのドレスのことを指します。
若い子のようにパニエなどでボリューム感を出すのではなく、あえてスレンダーなシルエットに仕上げます。
そうすることで、30代に相応しい「落ち着いた大人っぽさ」を前面に出し、シックで華やかなドレスアップにすることができます。

小物で差をつける30代のドレスアップ




前途したようなコーディネートですと、「もっとゴージャスな方がいい!」「スレンダーなシルエットで暗い色合いだと地味な気がする」と感じる方も少なくないでしょう。
しかしここは若い子のようにドレスだけでゴージャスさを演出するのではなく、あえてドレスをシックにまとめ、小物でゴージャスさを演出するのが30代らしいコーディネートでしょう。
ドレスではなくあえてネックレスなどの小物にこだわることで、大人の余裕や落ち着いた雰囲気を演出することができるでしょう。
また、ドレスを控えめにすることでゴージャスな小物がより引き立ち、煌びやかな印象を与えられます。

この記事にコメントを書き込む

お名前
コメント
サックス&ピアノ ドレスルームアミショウウィンドウコンサート
公開日:2016年11月29日
サックス&ピアノ ドレスルームアミショウウィンドウコンサート
演奏会に使える宣材写真サービス
公開日:2015年2月18日
演奏会に使える宣材写真サービス
夏のショーウィンドドレスのご紹介
公開日:2016年7月29日
夏のショーウィンドドレスのご紹介
演奏会ドレスをネット通販で購入する際の注意点
公開日:2018年6月30日
演奏会ドレスをネット通販で購入する際の注意点
無伴奏ヴァイオリンの世界
公開日:2016年7月21日
無伴奏ヴァイオリンの世界