格安演奏会ドレスのドレスルームアミ
商品検索 ショッピングカート
電話番号:03-3352-6557
新宿駅より徒歩1分 年中無休 11:00~19:00
ドレスルームアミニュース


ピアニストのための演奏会ドレスのポイント

公開日:2017年11月24日|更新日:2018年7月19日



多くの演奏家の方々が演奏会ドレスお買い求めに訪れるドレスルームアミですが、その中でもピアニストの方々が多くドレスをお買い求めにいらっしゃいます。そこで今回は、ドレスルームアミで、演奏会ドレスお買い求めいただく際に、ピアニストの方々のドレスの選び方のポイントをご紹介いたします。コンサートに出演される際のご参考にされてみてください。

ドレスの右側に装飾をつける

ピアニストの場合、主に右側をお客さんの側に向けて演奏を行います。そのため、ドレスの装飾が左側に付いている衣装の場合、せっかくの美しい装飾も演奏会では役に立たないということも多々あります。ですので、右側に装飾のついたドレスを着用することによって、お客様に向けても美しいドレスの雰囲気を伝えることができます。またコサージュやアクセサリーなどを装飾する際にも、右側からしっかり見えるような形でアクセサリーを身につけることによって、ピアニストの方でも効果的に演奏会ドレスの演出を美しく表現することができます。

ボリュームのありすぎるドレスは避ける

あまりボリュームがありすぎるスカートのドレスを選んでしまうと、ピアノに座った際に演奏しづらくなってしまう、という欠点があります。ですので、ある程度余裕をもってピアノの演奏を行いたいと考えているピアニストの方は、少しボリュームの少ないスカートの演奏会ドレスを選ぶことをお勧めいたします。そうすることによって、演奏もよりスムーズに行えるようになりますし、日頃練習したピアノの演奏を存分に発揮できるようになります。

ペダルを踏みやすいヒールを選ぶ

演奏会ドレスと同様にシューズ選びもピアニストにとっては重要になってきます。あまり高いヒールの靴を履いてしまうと、ペダルを踏みづらくなってしまいますし、すべりやすい靴底のシューズなどを使用するとペダルを踏んだ際に、しっかりとピアノの演奏を行えないという場合もあります。ですので、ピアニストの方はしっかりとペダリングができるような靴を選んで、演奏会に臨むことが重要になってきます。


ピアノ演奏に最適な演奏会シューズ

試着の時に椅子に座ってみよう

もし店頭で試着を行える場合は、実際に椅子に座ってみた感覚を確かめてから、演奏会ドレスを買うことをお勧めいたします。見た目は可愛くても、いざピアノの前に座った時に演奏がしづらいということもあります。ですので、しっかりと本番を想定した形で試着を行うことにより、より理想的なピアニスト向けの演奏会ドレスを選ぶことができるでしょう。ドレスルームアミには試着室にピアノの椅子をご用意いたしておりますので、ピアニストの方は是非、試着の際にご活用されてみてください。

お辞儀した時の感覚を確認する

ピアニストの方に限らず、全ての楽器に共通して言えることですが、演奏の始めや終わりに、お客様に向かってお辞儀を行います。その際に、無理なくお辞儀が出来るようなドレスを選ぶことによって、問題なく演奏会に出演することができるでしょう。あまり体にフィットし過ぎたタイプの演奏会ドレスを選んでしまうと、お辞儀したときに苦しく感じてしまい浅いお辞儀しかできないという場合もあります。そういったことがないように、様々な動きを想定して演奏会ドレスを選んでいくことが重要になってきます。
このように、ピアニストの方々が気をつけてもらいたい演奏会ドレスの選び方のポイントをご紹介致しました。是非これからステージに出られる機会があるピアニストの方々は、参考にされて、コンサートでも問題なく着用できる演奏会ドレスを選んでみてください。


ピアニストの為に作られた演奏会ドレス

ピアノ連弾でのドレスアップのススメ




連弾で演奏をする際には、ソロでの演奏とはまた違った視点からドレスを選ぶことも重要です。まずはやはり、せっかく連弾で演奏するのですから、二人の衣装に共通点を持たせることで、しっかりと衣装の面からも共通性を持たせてみましょう。同じ色や同じデザインで揃えた方が見た目にも息が合っている感じがします。統一感を持たせることにより、チグハグになることがなく、すっきりと見えやすいです。また、連弾ですから自分だけが目立つ衣裳にするのではなく、相手と同じくらいのクォリティのドレスをチョイスするのが大切です。観客に2人の仲の良さを感じさせることで、自然と演奏にも安心感をもたらしますし、見た目にも楽しげに演出することが出来ます。ぜひ、二人で衣裳を話し合い、ピアノ連弾用のドレスを決めてみましょう!

ピアノ演奏の際のパニエの注意点




スカートのボリュームをふんわりと広げられるパニエは、ドレスをよりゴージャスにしてくれる人気アイテムですが、ピアノ演奏の際には注意しなければならない点もあります。パニエがワイヤータイプのものですと、ボリュームが強すぎたり、座った際にワイヤーが気になり動きにくい場合があります。動きが固くなってしまうと演奏にも支障をきたしてしまいますので、ピアノの演奏がしやすいように、ワイヤーの入っているパニエよりもチュールでボリュームを出すものにしましょう。


ピアノ演奏に最適なボリュームパニエ

ピアニストにとってドレスの裾の長さはとても重要




ピアノ演奏の際には、腕の動かしやすさだけではなく、ペダルを踏む動作がスムーズに出来るかどうかも考える必要があります。ドレスのスカートの裾が長すぎると、演奏中にペダルを踏むときに邪魔になり演奏に差支えます。思わずスカートの裾を踏みつけてしまうことのないよう、長すぎる丈のドレスはお直ししてピッタリとした長さで着こなしましょう。また、ピアノ演奏では少し足を開いた形で演奏を行なうこともありますので、短すぎるスカート丈のドレスよりもやはりロングドレスの方がピアノの演奏会ドレスには向いていると言えます。きちんと試着をおこない、長すぎず、そして短すぎない、丁度よい裾の長さのドレスでコンサートに臨みましょう。

ピアノの演奏会でドレスを着た状態での座り方のポイント




ドレスを着用して座るにあたって、普段の私服時にイスに着席するのとは感覚が異なるということを覚えておきましょう。ドレスは、スカートがふんわりしたものが多く、ゴワつきがちです。私服のボトムスと比較するとボリュームがありますので、いつもよりも座りにくい…と感じるかもしれませんね。対策としては、ドレスのスカートがごわごわしないようにスカートをお尻から足の方にかけて手でならしてから座るようにしましょう。また、可能であれば事前にドレスを着た状態でピアノ椅子に座る練習もしておけばコンサート本番でも安心ですので、是非やってみてください。

ピアニストに最適な花柄ドレス




花柄デザインのドレスは、ピアニストから人気が高く、演奏会などでとても映えるデザインのドレスです。主張が強い花柄よりも、あまりハッキリしすぎないデザインがベストです。主張が強い派手色の花柄ですと、どうしても周囲から浮いてしまいがちです。もちろん、舞台構成などに合わせて選ぶのがよいため、いろいろな花柄ドレスを探してみましょう! ドレスルームアミの花柄演奏会ドレス一覧

お買い得なアウトレットのドレスでピアノコンサートに出演

ピアノコンサートで色々なドレスを着たい場合には、ドレスルームアミのアウトレットドレスの中から、買い得な衣装をゲットするのがおすすめです。沢山の衣装があれば、その分、演奏会のイメージにあったドレスを着用しやすくなりますが、ドレスは決して安い買い物ではないため、多くは購入できないと悩まれている方もいるでしょう。アウトレット商品には、掘り出し物も多いため、ぜひ活用してみましょう。 ドレスルームアミのアウトレットドレスページ

大人な雰囲気のドレスがピアノ演奏にはベスト

ピアノは楽器の色自体が黒なので、ダーク系で大人っぽい雰囲気の衣装の方がマッチしやすいです。大人っぽい雰囲気のドレスですと、ステージに統一感をもたらすことができますので、どんなドレスを着用するか迷ったら、無難なダーク系ドレスを選択するのがベターです!ダーク系カラーは、幅広い年齢の人が着こなしやすいドレスですから、ぜひ一着は手元に用意しておきたいものです。色が控えめな分、シルエットやデザインで自分らしさを表現してみてはいかがでしょうか?
ドレスルームアミの大きいサイズのロングドレス
公開日:2018年4月20日
ドレスルームアミの大きいサイズのロングドレス
New Year Concert 出演者募集中です!
公開日:2017年11月7日
New Year Concert 出演者募集中です!
ショーウィンドウドレス紹介
公開日:2016年6月25日
ショーウィンドウドレス紹介
~ドレスルームアミ主催サマーコンサート~ご来場ありがとうございました♪
公開日:2017年8月3日
~ドレスルームアミ主催サマーコンサート~ご来場ありがとうございました♪
ピアノ&チェロで明るく楽しいショウウィンドウコンサート
公開日:2017年3月30日
ピアノ&チェロで明るく楽しいショウウィンドウコンサート