商品検索
電話番号:03-3352-6557

新宿駅徒歩1分 年中無休 予約無し試着可 13時~18時
ドレスルームアミニュース

演奏家なら知らなきゃ損!ドレス“生地別”の特徴を伝授します

更新日:2020年8月14日|公開日:2018年4月10日



今回はドレスルームアミで使われているドレスの生地素材の名称やそれぞれの特徴などご紹介いたします。生地の特性を理解した上で演奏会ドレスを選べば、よりご自身のイメージに合ったドレスアップを楽しめるはずです。お気に入りの一枚を見つけるために、そしてドレスの特徴を最大限活かすために。知ってて損はない、生地の特徴をぜひお役立て下さい。
ドレスの生地ごとに、オススメのドレスもご紹介しておりますのでぜひご参考くださいませ。

一番メジャーな透け感の強いふんわり軽いチュール素材




シルエットが可愛らしく、ふんわりとした印象のチュール素材。無地のタイプから、プリント、グリッターなど様々な生地の種類があります。生地の使い方で、スレンダータイプからボリューム感タイプまで演出できるため、ステージドレスだけでなく花嫁様の衣装としても人気があります。最もよく使われている生地と言っても過言では無いくらい、ポピュラーな生地です。
チュール生地は、なんと言っても動くたびにふわっと動きが出るシルエットが特徴です。透け感がありソフトな空気感を演出できますので、ステージ上で動きのある演出をされる際にお試しくださいませ。
ただし忘れてはいけないのが、チュールはとても繊細な生地。傷やツレがおきやすい特徴もあるため、楽器と触れると引っかかりやすいです。楽器との相性も踏まえた上でお試しください。

ドレスルームアミのキラキラチュールスカートドレス人気No1のmk057


シンプルなデザインで使い回しがしやすい、すっきりシルエットのキラキラチュールスカートデザインが人気の秘密。チュールのふんわり感に加え、グリッターの輝きを加えた、人気のある3色をご用意しました。

幻想的なグリッターチュールと無地チュールのmk031


ドレスの上下で、種類の違うチュールを使用したボリュームチュールドレス。上身頃にはグラデーションの効いたミステリアスなチュールを、スカートにはシンプルでマットなチューツを重ねました。華やかさとシンプルさを兼ね備えた1枚ですので、ドレス初心者の方でも安心してお使いいただけます。

無地チュールでさらっと着やすいホルターネックデザインのdk107


アミの定番になりつつあるホルターネックタイプのカラードレス。ドレス全体にチュールの生地を使用することで、ふんわりとしたシルエットと女性らしい雰囲気を演出しています。また、ホルター部分のリボンもチュール生地でできているため、バックスタイルに可愛らしくリボンをあしらうことも可能です。

滑らかな質感且つハリのあるオーガンジー素材




つるつると光沢があり網目がチュールより細かいのが特徴です。刺繍デザインが施されたもの、プリント柄が印刷されたタイプ、無地のタイプなど、個性的で多種多様なな種類があります。オーガンジーもチュールと同じで軽やかな生地感ですが、チュールと比べるとより滑らかな光沢感があるのがポイントです。
オーガンジーの魅力は、生地の光沢によって高級感のある雰囲気を演出出来ること。無地でもドレスに地味さを感じさせないのは、繊細な光沢感があるからです。この光沢感こそが、ステージドレスの素材としてふさわしい理由。演奏家の方に人気があるのも納得です。網目が細かいため、ハリ感がありボリューム感も演出しやすいです。 パニエを入れてもスカートのシルエットを美しく演出しやすいため、比較的ボリュームのあるドレスデザインにむいています。

オーガンジーの透け感を活かしたデザインのmk025


オーガンジーの特色である透け感を活かしたドレスデザイン。スカート一番外側の無地のネイビーの下には、薄い柄シフォン生地を忍ばせています。オーガンジー独特の滑らかな光沢感と、透け感をうまく利用したデザイン性の高い1枚です。

なめらかなオーガンジーに美しい刺繍を施したdic171


オーガンジー生地に豪華な糸で刺繍を施したドレス。オーガンジーの光沢感を生かしつつ、刺繍の糸の彩りも映える1枚。まるで舞踏会で着用するような高級感のある優雅なでざいんです。スポットライトに当たると微細な光の反射で一層存在感が増します。

微細な粒子入りで美しい光沢感のmk050


無地のオーガンジー生地ですが、通常のオーガンジーよりも光沢感が強いタイプのオーガンジーをドレス全体に使用しております。スポットライトが当たると、微細な光沢感がなめらかな質感を演出。ドレスのデザインはシンプルですが、生地の美しさで存在感を感じさせます。

マットでシンプルなシフォン素材




シワになりにくく、肌触りのよい透け感がある生地です。シワになりにくいので遠征の演奏会にも、持ち運びしやすいです。また、生地の通気性が良いので、暑い季節の演奏会にもピッタリ。年間を通して、使いやすい素材です。
シフォン生地の多くは、マットな質感で光沢感がないものが多いですが、個性的なプリントやデザインが施された種類もあります。シフォンは質感がとても優しく、ハリ感が少ないので、スレンダータイプのシルエットからAラインタイプのボリューム感ですと、素材感が活きます。ドレスルームアミのシフォンドレスも、スッキリとしたシルエットのスレンダータイプデザインが多くなっております。サロンコンサート、室内楽等のコンパクトサイズの会場で使いやすい生地と言えますね。伴奏、カラーのオーケストラなど、強調性が必要な舞台で役立つ素材です。

すっきりとしたスカートのラインを実現するシフォン素材のmk032

伴奏やオーケストラでご使用いただけるmk032。シルエットがすっきりと美しいのはシフォン素材を使用しているからです。伴奏やオーケストラでのご利用の場合、光沢感のある生地を使用するとスポットライトに当たって反射するので目立ちすぎることもありますが、シフォン生地であれば質感がマットなので安心です。

プリントシフォン生地を使用したdic184

シフォン生地には、プリントが施されたデザインもあります。シフォン生地は質感がマットで光沢感がないため、このデザインのように大胆なデザインが施されたものも多くあります。プリントシフォン生地のドレスを着用の場合は、柄がよく見えるように、比較的コンパクトな会場をお勧めいたします。

軽くて扱いやすく傷にも強いタフタ素材




滑らかな光沢があり軽く、その上傷にも強く洗い易いという特色を持つタフタ生地。しっかりとハリがあり、丈夫なところが大きな特徴です。タフタ生地はハリ感がありますが、比較的薄い生地のため、持ち運びも着心地も軽やかです。そのため、長時間着用しなければならない方や、遠方へドレスを持ち運ばなければならない方にもおすすめです。ハリ感を活かし、広がりのある美しいシルエットを生み出せるところもポイントです。
また、実は汚れてしまっても部分洗しやすいのもタフタ生地の特徴です。ドレスは裾が床に擦れて汚れてしまうこともありますが、そんな時でもすぐ洗えます。ドレス初心者の方でも扱いやすいドレス生地と言えるでしょう。

シンプルさを生かしたタフタ生地mk030

タフタ生地の特徴はシンプルなドレスでも微細な光沢があり安っぽく見えないところ。こちらのドレスはタフタ生地の存在感を生かしたデザインとなっております。シンプルだからこそ活きてくる生地の質感をお楽しみいただけます。

パステルカラーで軽やかな印象のタフタスカートdic183

タフタ生地は、とても質感が柔らかく、ギャザーやドレープを表現する際にも一役買ってくれます。こちらのドレスデザインではタフタ生地のしなやかさを活かして、美しいスカートウエスト部のギャザーを演出しております。ギャザーを入れてボリューム感を出しやすいのも、ハリ感のあるタフタ生地の特徴。他の生地では実現できない独特の表現力が可能です。パステルカラーの色味も可愛らしい1枚。

微細な光沢感を生み出す高級感のあるサテン素材




薄めで柔らかい生地のものと厚手でしっかりとした生地のものがあります。こちらも多くのドレスに使われている生地で、演奏家の方から人気のある生地です。

薄いサテンは、軽くさらっとした着心地で、他の素材と組み合わせて使われることも多いです。柔らかい生地感のため、ボリューム感が少ないドレスのデザインで使用されることが多いです。また、吸い付くような肌触りで、ボディラインをしなやかに演出できるのも薄手のサテンの特徴です。

厚手のサテンは、薄いものとは質感が全く異なります。しっかりとしたハリ感と厚みで、スカートにもボリューム感を出しやすい生地です。ドレスルームアミでも多くのドレスデザインで使われております。滑らかな質感も厚手サテンの特徴。照明に当たるとより一層華やかさが増します。そのため、シンプルなドレスデザインに使用しても質感が美しく高級感を感じます。写真映えもいい素材ですので、宣材写真やフォトウエディングなど、思い出の一枚のお供にいかがでしょうか?

サテンのギャザーラインを美しく表現したmk072

厚手のサテンをスカートと上身頃に使用した1枚。厚手のサテンは、上身頃に使用するとサポート力をより感じるため、演奏家の方にも絶大な人気があります。また、スカートに使用すると、なめらかな質感と美しい光沢感を演出。高級感抜群です。

薄いサテンでシンプルなデザインのdk104

薄手のサテン生地をドレス全体に使用した1枚。さらっとした着心地を表現できるのが肌触りの軽いサテン生地の特徴です。薄手のサテン生地はシワも伸びやすく、着用前のアイロンがけもさらっとできて楽々です。

立体的な織が生み出す豪華絢爛なジャガード生地




ドレスルームアミに続々と加わり絶大な支持を集めているのが、ジャガード織の生地を使用したドレスです。ジャガード織は、糸をあえて立体的に織りなすことで実現する美しい生地の凹凸感が特徴です。ジャガード生地には、ゴールドやシルバーをはじめとする煌びやかな色の糸が使用されていることが多いため、ドレス生地として使用すると一気にゴージャスなドレスデザインが完成します。照明の当たる角度により、まるで宝石のような輝きと様々な表情を見せてくれるジャガード生地。ドレスルームアミの生地の中で人気急上昇中の生地です。
インパクトのあるデザインが多いため、ステージドレスとしてはソロ演奏のステージでご利用いただくことが多いです。圧倒的なインパクトを与えたい、ここぞという舞台でぜひお使い

ゴールドの色を織りなしたブラックベースジャガード生地のdic187

ゴールドとブラックの糸を贅沢に使用したジャガード織の生地をドレス全体に大胆に使用した1枚。ジャガード織だからこそ実現できる生地の立体感と豪華さを演出しております。ステージで使う場合、大胆に演出をしたい場面やリサイタルにぴったりです。

ゴールドとパステルカラーが織り成すゴージャスな立体感mk033

こちらもドレスルームアミで人気のあるデザインジャガード生地を使用したシリーズドレス。パステルカラーの色味のジャガードドレスの中では不動の人気No1といっても過言ではない1枚です。こちらのドレスデザインは、可愛らしい印象のため、ステージドレスだけでなくウェディングでの花嫁様の衣装としても人気があります。

清楚さと上品さを演出するレース生地




ドレスルームアミのレース生地は、多くがフラワーデザインのものです。レースの生地は、チュール素材とよく似ていますが、チュールとは異なり花柄や水玉など、糸の織りで柄のデザインが施されているものを言います。
チュールのように、透け感もありふんわりとしたシルエットも演出できますが、レース生地の場合、マーメイドラインのように体にフィットするシルエットでも生地のデザインが活きます。実は様々なドレスのシルエットに対応できるのがレース生地の特徴です。また、レースの生地は女性らしさをアップさせ上品な印象を与えます。女性らしく、そしてエレガントにドレスを着こなしたい方にはぜひオススメです。

清楚でエレガントな印象を与える花柄レースmk017

レースの素材の特徴を最大限に生かした贅沢なドレスシリーズ。ブラックカラーとグレーの花柄レースは、女性を美しくも気品ある印象に変えてくれます。レースの生地だから実現できる微妙な生地の伸び感を活かし、3分袖ほどの長さにデザインとなっております。

レースのデザインを浮き上がらせる色合いが大胆なmk182

レースの生地の特徴は、下地に何色を挟むかでドレスの印象がガラッと変わるところです。こちらのドレスシリーズは、レース生地の下にホワイトカラーのサテン生地を使用することで、レースの美しいデザインを立体的に浮きあがれせてくれる効果を利用したデザイン性の高い1枚。白ベースのドレスデザインだからこその美しさを演出しています。

ドレス選びの際にはぜひご相談ください

ドレスルームアミのドレスたちは、完全にオリジナルのデザインばかり。アミだからこその個性的なドレスをはじめ、手に取りやすいシンプルなものまで、随時新作も更新しております!お好みの色、楽器の種類、シチュエーションなど、お客様によりドレスをご利用になる状況が違えばオススメのドレスももちろん変わってきます。
ドレスのことでご相談があれば、ご試着の際でも、お電話やメールでも、お気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事にコメントを書き込む

お名前
コメント
アウトレット商品追加のお知らせ♪
公開日:2017年5月27日
アウトレット商品追加のお知らせ♪
ショーウィンドウドレス紹介
公開日:2016年6月25日
ショーウィンドウドレス紹介
8月25日(金)開催のショウウィンドウコンサート♪
公開日:2017年8月24日
8月25日(金)開催のショウウィンドウコンサート♪
アコースティックギタリストによるショーウィンドウコンサートが開催されました!
更新日2019年7月5日公開日:2019年1月10日
アコースティックギタリストによるショーウィンドウコンサートが開催されました!
ドレスルームアミスナップショット2018
公開日:2018年4月9日
ドレスルームアミスナップショット2018