格安演奏会ドレスのドレスルームアミ

新宿駅より徒歩1分 年中無休 11:00~19:00
お問い合わせ
お店へのアクセス
よくあるご質問
お買い物案内
売れ筋ドレスランキング
ドレスルームアミニュース
ドレスルームアミニュース


演奏会ドレス着こなしのポイント

演奏会ドレス着こなしのポイント

今回は演奏会タイプに応じた演奏会ドレスの着こなしのワンポイントアドバイスをお伝えします。 雰囲気に応じた着こなしが必要となる、演奏会ドレスですが漠然としたテーマを持ちながら選ぶことで、 自分自身の演奏会に相応しいドレスを見つける事が出来ます。

大人っぽい演奏会ドレスを着こなす

大人らしい印象でドレスを着こなすということは、どんな方でも理想なのではないでしょうか。 演奏会は主に厳粛で厳かな雰囲気です。そんな中で演奏者もその空間に馴染むような、 落ち着きのある上品な雰囲気で装いたいものです。 まず演奏会ドレスが大人っぽく見えるデザインの特徴として、スレンダーなものが良いといえます。 一つの理由として、体のラインが少し強調されるので、 スタイルの良さと女性の色気を感じさせてくれるデザインだからといえます。 体型が綺麗でないと着こなせないとお考えの方もいるかもしれませんが、 案外スレンダーなデザインの物でも、おなか周りをカバーしてくるようなデザインも多くあります。 実際に着てみると分かりますが、妊娠中の方が着用しても違和感がないくらい自然と着こなせます。 しかし、おなか周りが強調されるデザインも勿論ありますので、 実際にスレンダーな演奏会ドレスを探すときはハイウェストの物を選ぶと無難です。 ハイウェストのドレスは、足が長く見える効果と同時に、おなか周りを誤魔化してくれる効果もあります。 こういったドレスを活用して、体型に自信がない方でもスレンダーなドレスで大人らしく演出してみて下さい。 またカラーでも演奏会ドレスを大人らしく着こなせるポイントがあります。 例えばネイビーやワインレッドのような深みのあるカラーは自然と大人らしい印象を見る人に感じさせてくれます。 装飾は出来るだけ少なく、ドレスの色が主張されている演奏会ドレスが大人らしく見えます。 また、こういった深みのある色のドレスはオールシーズン着用しても問題ないカラーが多いので、 演奏会を頻繁に行う音楽家の方々は是非この機会に用意してみては如何でしょうか。 きっと演奏会で役立つアイテムとして、貴方のコンサートをサポートしてくれるはずです。 また、単純にドレスでだけで勝負するのではなく、ボレロを使って上品さや大人らしさを演出するのもオススメです。 ボレロはドレスの上から羽織るものですが、ドレスと組み合わせることで一気に上品でエレガントな印象に変化させてくれます。 今まで持っているドレスもボレロを組み合わせるだけで、大人らしくエレガントな印象にドレスを着こなせるようになるので、 この機会にボレロで演奏会ドレスを大変身させてみてください。

可愛らしい演奏会ドレスを着こなす

可愛らしく初々しい印象で演奏会を表現したいとき、皆様はどのように演奏会ドレスを決めていますか? ドレスは本来女性らしさや可愛らしさを表現する為のアイテムです。 しかし、この「女性らしさ」と「可愛らしさ」は似ているようで少し違います。 女性らしさは大人っぽく上品な印象で、可愛らしさは明るくキュートな雰囲気のものです。 演奏会ドレスも大きく分けてこの二通りの印象があります。 まず演奏会ドレスで可愛らしい印象を表現する為のデザインですが、 スカートにボリューム感のあるデザインが可愛らしさを表現してくれます。 演奏会ドレスはパニエなどを入れてドレスアップすることの多いドレスです。 そのため、演奏会ドレスの場合、スカートにパニエを入れることを前提としたデザインの物も存在するくらいです。 こういったドレスはスカート広がりが美しく、ふんわりと柔らかな印象を感じさせることが出来ます。 また、ドレスによってはパニエを入れなくても既にスカートにボリュームを出しているドレスもあります。 こういったドレスは少し重量があるので、立って演奏する方にとっては少し負担になるかもしれません。 軽い重さでボリュームを出してエレガントに着こなすなら、やはりパニエを別でつけるのが理想的でしょう。 どちらにしても演奏会ドレスで可愛らしく演出するならボリュームのあるスカートがオススメです。 次に可愛らしく見える演奏会ドレスのカラーですが、 ライトな色のドレスが可愛らしくキュートな雰囲気を演出してくれます。 例えばベビーピンクやライトブルーなど、まろやかな色合いが全体の雰囲気をキュートにしてくれます。 またはショートドレスで演奏会を行うのも一つの方法です。 演奏会ドレスというとロングドレスというイメージが強いですが、 少しカジュアルなサロンコンサートなど、あまり堅苦しくない演奏会では逆にショートドレスのほうが 演奏会のお客様にもリラックスして鑑賞してもらえるかと思います。 肩に力を入れすぎないのも、演奏会ドレスを着こなす上では重要なのです。

特徴的なドレスを着こなす

少し周りと違う印象のスペシャルな雰囲気に演奏会ドレスを着こなしたいと考える音楽家の方も多くいるかと思います。 そういったときに、他の人のドレスと一緒では嫌だと考えるとドレス選びは少し難しくなってきます。 他の人と似た系統のドレスというものはそれだけ着こなしも簡単で楽にドレスアップができるというメリットがあります。 逆にそういったドレスは「どこかで見たことがある」というような印象を抱かせるのも事実です。 そこで他の人のドレスと一味違うデザインの演奏会ドレスで個性的な表現をして見ましょう。 例えば、プリント柄の生地を利用した演奏会ドレスを使用することで、一風変わった雰囲気の表現をすることが出来ます。 しかし意外と演奏会ドレスを探してみるとプリント柄や刺繍の入ったドレスというものは少ないです。 それは演奏会ドレスで万人受けしづらいからだともいえるでしょう。 だからこそ、個性的な表現をするときには柄物のドレスが少し周りとの差を付けることの出来る第一歩なのです。 また、色の選択でも個性が表現できます。 オーソドックスなはっきりとした色は多くの方が演奏会で使用しています。 そこでオンリーワンな印象を表現する為には少しくすんだ色や、中間職を選ぶと良いでしょう。 変わった色のドレスはあまり多く販売していません。自然と演奏会ドレスでも人気のカラーは偏ります。 ですので、ハッキリした色よりも中間色が比較的選ばれず、個性を表現することが出来るのです。 また、単純にドレスを着こなすのではなく、アレンジしてドレスアップすることによって、 演奏会ドレスの雰囲気に変化を加えることもオススメです。 コサージュやヘッドドレスやグローブなどの演奏会ドレスの小物を利用することによって、 アレンジ次第で別物のドレスの様な印象を感じさせることだって出来るのです。 自分でカスタマイズしたドレスは自然と愛着がわきますし、やっていても楽しいので、是非一度チャレンジしてみてください。

高級感のある演奏会ドレス

ドレスの素材やデザインによってもドレスの印象は大きく変わってきます。中でも、高級感のあるドレスというのは、結婚式やパーティーだけでなく、演奏会などのステージ上でもひときわ、目を惹くものになるでしょう。せっかくのドレスですので、ほかの人よりも上品に、そして素敵に着こなせたらいいなと思いませんか。 高級感のあるドレスとはどういったものでしょうか?特別、光沢感のある生地のドレスは高級感を感じます。例えばサテン生地です。サテン生地は、光沢があるだけでなく生地自体もとても柔らかく、ふんわりとしているのが特徴です。サテン生地で作られたタイトめのドレスは特に、高級感抜群です。ご自身のスタイルに自信がある方は特に着ていただきたいドレスですね。また、オーガンジー素材も光沢感が出ます。サテンとは違い、生地の柔らかさは硬めです。しっかりとした生地になりますので、ボリュームを出したいドレスによく使われるのがオーガンジーです。オーガンジー素材は特にパーティードレスにもおすすめですが、演奏会でのステージ上でもオススメです。ソロ演奏などで使われるドレスとしても人気があります。。また、タフタの生地もライトに当たると光沢感が増し、より明るい色に見えますのでおすすめですね。 ドレスの存在感を増やすために、生地にこだわるのも良いですが、パニエでボリュームを出して高級感を強調するというのもひとつの方法です。ボリューム&光沢感が満載のドレスは、想像するだけでゴージャスな感じがわかりますよね。お呼ばれドレスとしては、存在感が出すぎてしまいますので、気をつけてご使用くださいね。パニエを使用して着られる演奏家の方は、声楽のソロの方や、現在では、それ以外の楽器でも使われます。例えば、ヴァイオリンやフルート、ときにはサックスなど幅広い種類の楽器でパニエをご使用いただけますよ。パニエにも、ボリュームを抑え目にしたものもありますので、お好きなデザインのものを試着してみてドレスと合わせてみてください。 また、ビーズの装飾などがしてあるドレスも高級感を感じさせます。ビーズやブローチなど、キラキラ光るものは、演奏会でもより光沢感が増します。また、ビーズの数が多ければ多いほど存在感のあるドレスになります。シャンソンやオペラなど、ステージ上での華やかさ勝負!みたいなドレスは尚更、ビーズの装飾は好まれます。ドレス自体の生地の色も、真っ赤な赤やオフホワイトなどにすると、より一層ドレスの存在感が感じられるでしょう。

シンプルな演奏会ドレスの魅力

演奏会用のドレスといえば、派手なイメージが強い方もいるかもしれません。しかし、シンプルなデザインのドレスも時には必要です。演奏会のステージ上では、楽器やほかの演奏家たちとのバランスが大切ですので、複数人での演奏会は注意が必要です。 まず大切なのは、自分だけが目立とうとしないことです。そのため、ドレスを選ぶときに装飾が多ければ良いとは限りません。装飾が多すぎると、複数人の演奏会の時には一人だけが目立ってしまいかねません。シンプルなドレスが着る人をより引き立ててくれることもあるのです。ソロ演奏なら派手なドレスがいいかもしれませんが、オーケストラなど人数がおおいコンサートの時はシンプルでタイトなドレスが好まれます。 シンプルなドレスほど、動きやすく演奏しやすいというのは、想像すればすぐわかりますね。ステージ上では、演奏のために楽器をもって歩くことがあります。そのため、ドレスの裾も床スレスレまで短くし、調節するのがいいでしょう。ドレスの裾を調節すると、ドレス自体もとても美しく見えますし、ドレスを着ている方もより引き立ってみえます。ひとつ注意していただきたいのが、胸元やお腹にビーズなどの装飾があるドレスを着る際は、楽器とぶつかって演奏中に響くときがあるので楽器との位置関係のバランスに注意することです。ドレスの装飾が楽器とぶつかると変な響きとなって演奏の邪魔になってしまうので気をつけてください。 そういった関係で、オーケストラなどの密集したステージでは、タイトでシンプルなドレスが好まれるというのもわかります。オーケストラの中には、ドレスの色を黒と指定している団体もあるくらいです。オーケストラは、ドレスで目立つことを目的としていませんので、全体のバランスをよく考えた上でドレスを選ぶことを忘れずに。もっとも好まれるのは、オーガンジー素材のストレートタイプのドレスです。ある程度光沢感がでて、オーケストラ全体が明るく見えますし、タイトデザインなので、楽器の演奏に邪魔になることなく演奏に集中できます。オーケストラ用の衣装では、女性だけでなく男性も細かく指定されているものもあるのをご存知ですか?普通のスーツでいいとお思いの方もいらっしゃいますが、あまり光沢感のあるスーツは、楽器でなく男性のスーツが目立ってしまし、NGです。また、スーツのボタンもキラキラしすぎていないものを選ぶのがベストです。
更新日:2017年5月11日
早い者勝ち!アウトレットドレスの販売開始
更新日:2016年9月8日
格安セールのおしらせ 
更新日:2017年5月20日
~身長が高い方へ~この黒ロングスカートなら足首も隠れます!
更新日:2016年7月27日
ショーウィンドコンサート第一弾開催
更新日:2016年8月9日
ピアノデュオユニットAA(ダブルエー)のショーウィンドコンサート
一万円台ドレス 二万円台ドレス 三万円台ドレス 四万円台ドレス
ドレスルームアミwebカタログ2017 配送について ドレスルームアミのドレスの特徴 演奏会チラシの作成 演奏者出演者募集 東京演奏会企画
お客様からの口コミ
新作ドレス
カラードレス
お呼ばれドレス
ウェディングドレス
袖付きドレス
スペシャルドレス
ドレスケースカバー
ロングスカート
ネックレス
ボレロ
サイレントシューズ
アクセサリー全般
アウトレットドレス よくチェックされているドレスランキング